買戻し相談所

長野県での買戻しについてのご相談はBe-Styleへ。 お客様が住宅を手放さず、スムーズな買戻しができるようお手伝いします。まずはお気軽にご相談ください。

Image

買戻しとは?

身内が購入し、第三者に渡るのを防ぐ
親・兄弟・親戚などの親族や友人に家を購入してもらい、第三者の手に不動産が渡るのを防ぐ売却方法です。通常、住宅ローンの返済が滞った場合、任意売却や競売に出されてしまうと家を取り戻す事が非常に難しくなります。しかし、身内や近しい人に売却することで、住宅に住み続けることができます。 事情をわかってもらえるという事も買戻しの大きなメリットです。

親子間での買戻しは住宅ローンを利用しにくい
親子間での不動産の譲渡は相続として考えられるため、ローンの審査に通らないことが多いです。
また、金利の安い住宅ローンを利用するために、不動産売買を偽造することも考えられるため銀行としても融資は慎重にならざるを得ません。ただし、不動産会社が間に入り適正な審査を行っていることが証明されればローンが認められるケースが多いです。

まずはビースタイルへご相談ください

ご相談時期が早ければ早いほどスムーズにお手続きがすすみます。まずはお気軽にビースタイルへご相談ください。

事例

1

お母様の名義から息子様の名義に

商売が失敗し自宅が不動産競売にかかり、あと数か月で他人の不動産になるところを一度弊社が住宅を購入させていただき、そのまま息子様に売却させていただきました。親子間での売買は難しいですが、弊社が買取をさせていただき一度弊社に名義が移転することにより、息子様の名義に変えることができました。その後、お母様は自己破産をしましたが、自宅にそのまま住む事ができています。

2

おじい様の名義からお孫さんの名義に

おじい様が体調不良になり、住宅ローンの返済ができなくなり家が差押となりました。このまま時間が経つと不動産競売にかかりますが、弊社が債権者と話し合い、またお孫さんの住宅ローンを斡旋させていただきました。無事、おじい様の名義からお孫さんの名義に移すことができました。

3

ご両親の名義から息子様の名義に

ご両親が離婚のため名義を一本にまとめて息子様に不動産の名義を移したいとのご要望でした。やはり、親子間での売買が難しいため弊社で一度買取をさせていただき息子様へ売却させていただきました。

4

お父様から息子様に

お父様が住宅ローンの支払いを滞っている事を隠している間に差押、不動産競売へ。「一家がそのまま住む場所が無くなってしまうのは困ります」とのことでしたので、弊社が不動産競売にて落札させていただき、そのまま息子様へ売却させていただきました。

不動産の買戻しと一言でいっても同じ条件は一つとしてありません。それぞれのご家庭によって置かれている状況は様々です。 ビースタイルは長野県内で多くの不動産買戻しを成功させてきたノウハウがあります。私たちが最善の方法での買戻しをご提案させていただきます。まずはご相談ください。

Question & Answers

よくいただくご質問

相談するには費用がかかりますか?
無料で行っています。お気軽にご相談ください。
取扱いエリアはどこですか?
長野県全域です。
家族には知られずに相談できますか?
はい、可能です。 お客様のプライバシーに十分配慮していますので安心してご相談ください。

お問い合わせフォーム